タッチマチルダの開発を開始しました(更新)2021年04月28日 13時11分56秒

タッチパネル型のGISの開発に着手しています。
(タッチマチルダと呼んでます)

お役所の窓口やデパート、オフィスのエントランスなど構成は多種多様。
純粋だけれども、野暮じゃなく、今の時代に必要になってきている「無人対応」という需要にも貢献できると考えています。
同時にそれは当社の技術力の高さとフットワークの軽さが生み出す新たなチャレンジでもあると思っています。

AndroidやiPadなどのタブレットでは考えられない大画面や、ハイスペックPCや周辺機器が使えます。WindowsOSを使ってますので管理もしやすい。

※実際の商品(本物)のイメージ(Amazonで購入できる安価なものを揃えました)

写真はDellの24インチのタッチ式ディスプレイです。WindowsPCとはUSBで繋がります。

※利用イメージ(案)背の小さ目の人にも対応できる

※GISイメージ(Windowsなので誘導系のシステムとの連携はお手の物)

GISのエンジンは、日本の市町村や民間企業様に既に100以上のライセンス導入の実績があるGISマチルダを採用。当然3次元も強いです。
タッチを主とした初心者に優しい大きいボタンのレイアウトです。「あかさたな」みたいなボタンをクリックしていって誘導させるインターフェースなども。

※構成イメージ(案)

なんか、AppleのMacintoshやiMacが世に出る前の状態を想像させられそうですが、一体型のサービス端末として将来的に面白くなるかもしれません。

構成は自由になるように柔軟性を重視。
お金かけるのは簡単ですが、そうじゃなくて、たくさんの導入をして頂けるように、できるだけ低価格で構成できるように、社内では日々色んなアイデアが飛び交い、協議がなされています。



(GIS マチルダによるサンプル動画Youtubeはこちら)


皆さんの方でもアイデアやコラボレーション要望等がありましたら、是非お知らせください。


セイコーアストロン(時計)が無事に直りました。2021年04月25日 20時10分49秒

修理に出してたセイコーアストロン、数日前にやっと帰ってきました。
(ちなみに多くの有名著名人も使ってたとは知らなかった!)

※クリックで拡大 せっかくなので一眼レフで記念撮影。
(背景がボケて時計が立体的に見えるのは単焦点レンズ+一眼レフの醍醐味!)

代金は無料でしたが、結局のところ基盤も交換したみたいです。
あとはオーバーホールとか洗浄とか。
新品仕上がりのようです。ありがとうございました。

GIS Matildaで等高線の自動発生機能を追加しました2021年04月10日 16時17分01秒

最近、頑張って実現させたのでお知らせしておきます。


そいうえば、その昔、私がまだ測量作業の現場へ出てた頃のこと、とても嫌なことを言われたことを思い出しました。もうかれこれ30年以上前の話になります。

どっか和歌山あたり(粉河町だったと思う)の現場へ航測図を作りに当時の年配の先輩と一緒に連日泊まりで出張してたときのこと。当然GISなんてなくて電子地図もこれからって時代です。

その時、先輩は、まだ未熟な私に対して、

「等高線もどこ通るかわからんのか!そんなことでは一生図面に等高線を描くのは無理!お前はこの仕事は向いてないわ!」

と大声で何度も叱られ怒られ・・・・。ヘコみにヘコみ・・・転職しようかと思ったくらい嫌な時代でした。
たぶんあの人は私の事が嫌いだったんでしょう。

あれから数十年経った今、方法は違えども、一生という時間はかからずに、等高線を書き起こすことができた。
アナログ時代の頃で考えると現在は想像もつかない世界です。

ふっとこういう事を考えてたら、仕事の手が止まっていました。
今は良くわからない感覚ですが、たぶん私は1つの事を克服し、単なる技術面だけじゃなくて自分自身の何かを達成しているんだと思います。

引き続き頑張ります。

セイコーアストロン(時計)が故障2021年04月09日 16時06分17秒

長年愛用しているセイコーアストロンが故障した。
秒針が動かない。時針、分針は合ってるのになんで?
この時計はメイン版とサブ版の2個の時刻が同時に確認できるので外国への出張の時にとても重宝しておりましたので、セイコーに修理依頼をすることにした。
既に保証期間が過ぎてたので、申し込み時点での修理見積もりは2万円〜5万円とのことでした(o_o)・・・・仕方ない。


それで、発送して数日経ってから、セイコーから連絡が次のようにきた。

-------------------------------------------------------
ご依頼品を拝見したところ、秒針の動作に不具合が見受けられました。
ご指摘の症状は、ご使用上に起因するものではございませんので、内装修理(機械体の交換もしくは分解掃除)を無償で進めて参ります。
内装修理には、パッキン交換、防水検査が含まれます。
また送料につきましても弊社で負担させていただきたく存じます。
-------------------------------------------------------

とりあえず、私は無実で良かった。ただ私の手元に戻ってくるのに4週間かかるそうです。

あのJim McKeethから連絡がきた!2021年03月31日 01時10分09秒

先日、Delphiが生まれて26周年を迎えたので、
お祝いイベントにモバイルマチルダをエントリーしました。

(English)

その後1ヶ月くらい経ってからあのEmbarcadero DelphiのChief Developer Advocate & Engineer Jim McKeethからお礼とメッセージの連絡がありました。

日本人の耳には不慣れな感じですが肩書等きを発音するとバカとかボケとか・・・。
英語は難しいですね。私は長年やってるが習得には近道はないって本当にそう思います。

彼は開発の最高責任者クラスにあたる本当に凄いポジションの人です!
※前回ブラジルでの10.3Rio発表時の写真(クリックで拡大)

また謝礼としてささやかですがAmazonギフト券1万円分を頂きました!


ちょっと嬉しい!こういうものは、日本人の悪い癖で貯金しとくとか残しとくとか言う人いますけど、私はせっかくなので何か記念として永く固体で残るようなもの(万年筆とか?)に交換しようと思います。

ありがとうございます!

VDA説明動画(英語音声版)2021年02月03日 12時21分57秒

アメリカの今年2021年の8月の大規模なRedistricting(リディストリクティング)に向けてオンラインGISサービス向けの説明動画(英語音声)が出来上がりました。ちゃんと当社の名前も読み上げられてるけど、ネイティブな発音が聞き取れるかどうか・・・。



Redistrictingはあまり日本では馴染みないかもですが、シンプルに言えばアメリカでの選挙区の変更を行う事です。プロセスとしては境界線を引き直すことにあり、改修規模として大陸でのびっしり1100万ポリゴンの変動が起こり、それに付随する情報量も相当数あります。その国調データを割り当てるて利用するビッグビジネスイベントにGIS Matildaが活躍しているのでこの場で少し紹介します。
(地味ですが国際的な社会貢献の一環として当社は活動中!)

松葉杖ついてます2021年02月02日 09時04分18秒

ここ1週間くらい前から膝がシクシクするな〜と思っていたところ、昨日突然痛みが出てきて近くの整骨院に行きました。

たまたま予約がいっぱいだったので仕方なくその先のほねつぎ屋さんに行って施術してもらったら、先生が「あ〜こりゃ痛風やな」と言われバシバシと色んなところを圧をかけ・・・。

結局その場を離れる時に「グキっ!」て膝から音が鳴ったと思ったら歩けないハメになりました。まったく、なんていう施術や!って思いながら帰ってきましたが、痛みは悪化してたので思い切って総合病院に行ってみましたらレントゲンで確認後「膝に水が溜まってる」との事。

その場で水抜き手術となりました。普段から我慢強い私でもかなり痛かった。
(私の足じゃないけど、他の人の参考動画)

ということで、しばらく松葉杖をついています。

※パッドの部分がジャパンの侍ブルーなのがちょっとだけ嬉しいかも。

出勤以外はあんまり外に出る事はないですけど、仕方ないときは車を運転してます。

車のエンジンを止めてシーンとしてると「絶対に痛風ちゃうし!」と独り言を言ったりしてたら原因は何か?と色々と考えてしまいます。

そういえば、先月(2021年1月)にずっと看病してた母が他界しましたが、そのときに、朝昼夜と夜中も問わずに全身全霊で介護してた時のことを思い出しました。
一生懸命やってるときはアドレナリンが出てたのか気がつかなかったけど、結構、私の身体にも相当負担がかかっていたのかもしれません。

悲しい別れの後ですが、私が3歳の頃から親一人子一人で頑張ってくれた母には、最高の感謝をしつつ、私は前向きにまた再スタートしたいと思います。また様々な方々のご協力とサポートありがとうございます。

感動した!2020年12月26日 10時08分13秒

日本もこれくれい、何事にも真剣なって欲しいと心から願います。


今年2020年12月12日で陸軍士官学校で陸軍vs海軍のアメフト大会に大統領や軍隊のトップの方々が参加したときの映像。

頑張れアメリカ!

ヨーロッパの本場GISUserで記事になりました。2020年12月24日 19時05分17秒

既に活躍しているアメリカ合衆国下院の国調データ検索システム(VDA)が本場GISUserで記事にしていただきました。



10年に1度実施される今年のアメリカ合衆国の国調業務Census2020ですが実はある問題に直面しています。

国勢調査局は12月31日の期限までに大統領に最終報告書を提出するよう取り組んでいますが、支持者や一部の国勢調査担当者は「間に合わない」と言っています。

理由は色々とですが、大きくはコロナの影響もあるけど、それよりも現在のアメリカで今回から不法入国者を調査対象から除外するという動きに右往左往している感じですね。

合衆国憲法では国勢調査に「各州の全人口」という言葉を盛り込んでいるのですが、日本でもよくある解釈の違いでモメるみたいです。

データ作りの提出期限の期間を延長することを、議会で議員さんたちがよく話し合って決めなければいけない問題ですが、今は大統領選挙でそれどころじゃないようなのでこの先どうなるのか・・・。
(知ってました?本日時点でもまだ大統領選は結果を確定していないって事を)

とりあえず、正確で有用なデータがこのGISシステムに載って稼働することを祈っています。

コロナウィルス(COVID-19)の統計調査(アメリカ)2020年10月26日 09時48分52秒

現在、当社とワシントンの関連企業様とで開発して進めているプロジェクトがGISシステムVDA(Visual Data Analytics)でコロナウィルスの調査に関する統計調査データの分析利用が稼働しています。
多くのテストフェーズを得てやっと使えるようになってきました。


詳しくは以下のサイトへ

とりあえずのご紹介です。