北京ダックを頂きました。2018年09月14日 19時01分43秒

中国人のお客さんから北京ダックをお土産にいただきました。
中国語での発音は「ベイジンカオヤ」と言います。


私はあまり姿焼きとか姿煮系は苦手なので、社員の皆んなと一緒に食べました。

ナイフ入れるのも「そんな残酷なことようせんわ〜」とか「でもこんな味やったかな〜??」とか、しんみりしながらもワイワイガヤガヤ言いながら。

たぶん、餃子の皮みたいなんで野菜を包んで食べる方がよかったのかもしれません。


まぁ普通に美味しかったです。

聞くところによると、コラーゲンたっぷりだそうです。
Pさまありがとうございます!ごちそうさまでした。

超巨大台風到来(ポーランドとはエラい違い)2018年09月04日 08時04分40秒

今日、日本では、台風21号がきて、大阪では風速60mくらいの強風域になるそうです。


当社の社員たちは、朝からモジモジしながら社長室に入ってきて「あの・・・帰らせてほしいのですが・・・」と言ってみんな帰ってしまいました(T_T)

だいたい、従業員さんが社長室に来るって私にとっては絶対にロクな事がない。
この20年での統計でも、たいてい、問題が起きたとか、辞めたいとか、休みたいとか、お客ささん怒ってるとか・・・etc

それでも、仕方なく笑顔で許可する社長って本当につらい。
という事ですが、私は、めげずに頑張っています。

それで、なんとなくしんみりになったオフィスで1人いると、ちょっと寂しい感じになったので、ヨーロッパのパートナーに連絡してみました。

※ポーランド、グディニァのソポトビーチの今日の写真です。
シーズンが過ぎたら人も少なくなりますね。結構ヘコんでたら、色々と写真を送ってくれました。

連絡したときは「こちらは夜中の1時」とか言われて「あっすんません」って感じですが、あちらはいたって平和な感じです。

※街並みもいつも通り。
手前の頭は白いけど、ヒゲは黒いおじさんが少し気になるが。

※先日、日本から私が送った、日本酒の獺祭(だっさい)

お酒を片手に、お互いに近況を話をしつつ、なんとなく時を過ごす。。。
こんな日ですが、なんとなく、自分は異国からの温かみを感じていることに気づかされた1日でした。

キーボード交換しました。2018年08月14日 12時01分11秒

前からちょっと怪しかったがキーボードのカーソル上キーが壊れた。
(その前はカーソル下キーが壊れたが自力で直した)

※カーソル上キーを良く押すって事はミスタイプが多かったのか?
たぶん、仕事しすぎなんだと思います。

※何度かチャレンジしたが今回はあきませんでした。
ポイントとしてはMac製品のキーボードでしたのでその頑丈なものが使いすぎで壊れたってことです。

※今回は新しいものとしてエレコムのテンキー付きのキーボードにしました。

時計の豪華祭典 in 香港2018年08月05日 09時25分16秒


今年もHong Kong Watch & Clock Fairから招待されました。

香港貿易局が主催しているこの祭典は9月4日〜9月8日まで香港コンベンション&エキシビジョンセンターで行われます。



世界中の色んな国からたくさんのブランド時計が出店されます。

当然、参加したときは、情報収集のために頑張って英語で話かけないといけないのですが、割と無愛想なやつらや、エラそうなやつら、ふっかけてくるやつもいます。
(例えば、価格の話を聞くと、逆に「いくらにしましょうか?」とか言ってくる。私はアラブ商法か!と怒りたくなる)

でも中には「おぉっ!」っていう感動するようなものもあります。

特に最近はスマート機能(スマホとの連動)の飛躍化が目立ちます。日本の場合ですと、AppleWatchをすぐに想像してしまいますが、パッと見はアナログ時計に近いものもたくさんあります
とりあえず、ご紹介。

一緒に参加されたい人は是非お知らせください。

オーバーヘッド方式のスキャナ買わされました2018年07月28日 07時24分41秒

超古い資料の電子ファイリング系の作業のため、部下から要求があり、仕方なく購入させられました。

これを使うと、本や雑誌のような綴じられている資料についても、そのままで、非破壊でスキャンできます。


チャッとスキャンしたい方、せっかく買ったしお手伝いいたしますのでご連絡ください。

iPhone X 壊れたので修理に行ってきました2018年07月13日 08時20分53秒

ゴーストタッチ(the ghost touch)と呼ばれる現象に見舞われましたので、修理に行ってきました。


※勝手に動く!!幽霊がiPhoneの操作をしてるかのようになる現象


しかし、今回ばかりはAppleの対応には呆れてしまいました。

通常、私はこれまで修理をオンラインで行うのですが、すったもんだがたくさんあったので少し紹介。

まず、このiPhone X、Appleいわく、ロサンゼルスの友人から頂いたのでアメリカ製造になっているそうです。
アメリカ製造のものは日本では正規アップルストア(大阪でしたら心斎橋)の持ち込み修理でしか受け付けられないとのこと。

この事自体をアップルサポートは知らなかったらしく、修理の申し込みをしても、勝手に機械的にキャンセルされるという仕組みになっており、エライ目にあいました。

それで、強制キャンセルの原因が特定できたので仕方なく心斎橋のアップルストアに時間予約の上、行きました。
なぜか予約を取るのも数日後でしか空いておらず・・・

何とか数日後の予約を無理やり取ることに成功した私は、心斎橋のアップルストアに到着しました。
しかし時間予約をしているにも関わらず、1時間近く待たされたあげくに、担当スタッフいわく、アメリカ製なので、修理部品が日本になく、取り寄せになるとのこと。しかも取り寄せには3週間ほどかかると宣告されました。

この時点で

「君らは本気で修理する気があるのか?普通、取り寄せのみなら、電話で済む話でしょ?しかも3週間なら、私が個人的に1人で飛行機に乗って行って帰ってくる方が早いやん」

みたいな意味のないやり取りをしましたが、結局は今月は少し忙しいのでアメリカまで行く時間がなかったので、仕方なく申し込むことになり、その日は帰りました。

で、この時の事を後で、気づいたのですが、受け付けてくれたAppleストアのスタッフ(彼らの事はジーニアススタッフと呼ぶらしい)が、なんと私の名前「ハマモト」を間違えて「ハシモト」として登録(怒)
iPadで早打ちなんかしてるからや

まったく、ダメだこりゃ・・・っていう感じです。次回、アメリカ行った時に日本のこの失態と実態を報告してやろうと思った。


で、なんとか、無事にディスプレイキットの総入れ替え交換という形で直していただきました。

私への連絡が付きにくかった人へ取り急ぎ、こんな事情だったことをお知らせいたします。

ISMS(ISO27001)の再認証審査が終了しました2018年07月10日 15時31分11秒

毎年審査は行っているのですが、今回は3年に1度の大きい審査でした。
2日間に渡って実施し何とか無事にパスしました。


当社は2006年の取得以来12年が経過しておりますが、毎回気が緩むことはありません。これは進化する時代に着いていき、システムそのものが機能しているということなのかも知れない。

(関連リンク)

デベロッパーキャンプに参加してきました2018年05月30日 18時41分24秒

エンバカデロのDelphi / C++Builderデベロッパーキャンプに参加してきました。
Delphi3.1からの使用歴20年の私にとっても中々濃い内容で時代に順応していっている印象を受けました。

※かなり勇気がいった一眼レフの対角魚眼で撮った写真。

私もまだまだ修行の身であります。

光の魔術師イルコ先生に会いました2018年04月21日 21時58分58秒

実は私は綺麗な写真を撮るためにずっと勉強してるのですが、機会があってお会いすることができました。

※クリックで拡大

イルコ先生は、光の魔術師と言われている天才的フォトグラファーです。とても勉強になりました。ありがとうございます!

(ウェブサイト:ILKO Allexandroff Photography)

(This is Introduce English Youtube 英語の抜粋動画紹介)

(日本語の抜粋動画紹介)