Census2020が始まりました2020年03月12日 09時03分51秒

実は昨年にヨーロッパ繋がりでアメリカ合衆国ワシントンDCバージニア州の企業様から、アメリカの国政調査(Census 2020)にモバイルマチルダ(MobileMatilda)を使用する提案がありました(確定するためにはクリアすべき壁がいくつかありますが)

そのCensus2020がついに動きだしています。


10年毎に行うこの大規模な調査として、これからビックデータとしてデータを集めてそれを活用していくという動きなります。


※Youtube動画による説明(英語)

もちろん大きな調査系なので現地調査やその後の集計、地図に関連することも想像をはるかに上回るレベルですので引き続き研究と開発、実行を進めていかないといけません。
聞いてる数量とまともに太刀打ちするなら、12million(12ミリオン=1200万ブロック分以上のポリゴン関連づけ処理と交差セグメント処理)というとてつもない数になります。プレステ4の出番かと思ってしまいましたよ。ほんまに。


※マチルダエンジンでのシステムサンプル

ここ数年で大規模なデータが増えてきましたので、このエンジンを使って自社で開発しているGISマチルダも、この度64ビット化する事になり、以下に公開しています。
http://www.tsukasa-consulting.net/jpn/gis/matilda/manual/about64bit.html

数百万点クラスの点群データもさらに高パフォーマンスで動作を確認できましたので、次の時代への有効なツールになると私は信じていますし、このエンジンを使う技術と実績は世界で信頼されてきています!

今皆さんがお持ちのプロジェクトや野望などでも何かのお役に立てると思いますので、是非ご相談ください。

テレワーカーや在宅ワーカーにGISを臨時で無償提供中2020年02月28日 17時31分00秒

新型コロナウイルスの影響で出勤できない方々のために、当社では、自宅や隔離場所からでも作業ができるように希望者にはGISを臨時で無償提供しています。

※クリックで拡大

このGISを使えば場所が大阪であれ、東京であれ、四国地方であれ、国外であれ・・・どこに居てもリアルタイムで地図データの表示および更新が可能です。

紹介ページはこちらのページに記載しています。
詳しい技術情報はこちらのページに記載しています。

業界での繁忙期なのに経済効果を高めようとする動きを鈍化させないために、当社としても少しでも社会に貢献できるようにしたいと考えております。

希望者は電子メールまたはお電話にてお申し込みください。
自治体の方々、企業の方々、個人の方のお役に立てるよう願っております。

GIS MatildaでCityGMLとその他の表示を強化をしました2020年02月05日 10時54分38秒

OGC(Open Geospatial Consortium)のサポートに続き、CityGML(3Dを含む)の表示を強化しました。

※とある地区の鉄道図形、LOD3の地域モデル。
すごい高いパフォーマンスで3D操作ができる。
(クリックで拡大)

国家レベルの空間データ基盤を扱うにはCityGMLの扱いは外せないと思い組み込みました。仕様概要とされている仮想3D都市と地形モデルの記述や管理が目的とされている。
使い方は、他のGISではあり得ないくらい簡単でgmlファイルをマウスでドラッグ&ドロップするだけです。(LOD 0〜4などさらに細かいやつも大丈夫です)

データサンプルは以下の場所にあります。

こういう3次元モデルを見ているとSEGAのバーチャファイターを思い出します。。。

その他、
3次元DXF/DWGのレンダリング強化、


そして、
3次元ジオロジカル(Geological 3D)の強化。Demデータの上にDemデータを重ねたり、画像レイヤでも3次元シェープとして表示できるようになりました。


とりあえず、GIS Matildaで完全サポートしましたのでご報告。

マスク2020年01月31日 16時00分05秒

中国の関係者(アメリカ人を含む)から緊急のお願いがあったので、
マスク集めてなんとか発送しました。
しかし、EMSでの宅配はまだまだ高いな〜。
コロナウィルスの影響は私たちが想像している以上に想像なようです。


ネット販売では全て売り切れ。近くのドラッグストアも売り切れ。
なんとかダイソーとかで数量制限で販売してたのを購入しました。
もし誰かストックあれば連絡お願いします(生産追いついて量販店に販売されたら買って返しますので)

皆さんもお気をつけて。

進捗管理ツールと要素カウントツール2019年12月30日 13時29分39秒

毎年、色々とデータ整備と生産業務をご発注頂いているのですが、昨年度は進捗管理の方で少しトラブルがあり、お客様にご迷惑をおかけしたことがありました。
同じ失敗をしないように今年度は進捗管理を厳密に行うために透明性を有効にするツールの開発をいたしました。

※例えば赤枠で囲っている部分は100%を超えている(目標達成している)ことがわかる。指定分毎に自動更新も可能。(クリックで拡大)

内容としては、作業完了後に入力した件数をデータベースのテーブル(内部サーバー、外部サーバーの両方に対応可能)に書き込んでいくのですが、週間目標を設定して、その目標に対して何パーセント達成しているのかをリアルタイムに把握することができます。各種作業者はシンプルに記録していくだけで管理者にわかるようになっており、「誰がどのくらい入力している」というのも明確。

また、実際に作業データを件数を把握するときには、CADやGISなどのデフォルト機能で条件をしぼって計上していく・・・という手段を行っておりましたが、もっと簡単に素早くにシンプルに計上するツールも開発いたしました。

※このサンプルはMicroStationV7用ですが、今後は色々なものに対応予定。(クリックで拡大)

件数をデータベースに記録するためには、件数を数える必要があるのですが、作業者にとっても情報取得が面倒であっては困ります。
しかし、このツールを使えば、数千〜数万という図形要素数であっても0.5秒以内でカウントをはじき出します。
(余談ですが作業者の中には「入力は済んでいるんですが、進捗データとして入力はまだやっていない」とか言う奴がいますが、これを使えば変な言い訳はできなくなる)

さらなる進化を遂げるために作業中の透明性という部分でも満足していただけるように取り組んでいます。

中国大連からのお客様からのお土産2019年11月22日 23時11分34秒

大連からお客さまがこられまして、お土産を頂きました。
これ何だと思います?


実はお茶っ葉。一瞬何かな??と思いましたが。

もう1つは、甘いお菓子。ダイエット中な私としては控えたいところですが、1つ食べてみました。

心斎橋パブロと、博多通りもんを足して2で割ったような味で、とても美味しかったです。ありがとうございます。谢谢您!!

ドイツとルクセンブルグのGIS開発パートナー2019年11月20日 12時21分02秒

当社で開発しているGISマチルダと同じエンジンを使って、ドイツとルクセンブルグ地域を担当して頂いているSmallToGoさんが展示会にブース出店されましたので少し紹介。

※左の青いスーツの人がダニーさん。(クリックで拡大)

※実は、彼はなんと日本の忍術道場の師範。今度、日本刀の使い方教えてもらいます。
(クリックで拡大)

GISマチルダとも動きや操作性が同じところがありますので、ダニーさんとは技術的な情報のやり取りをここ数年間させて頂いています。

ヨーロッパではGISマーケットにおいてブランディングイメージ第一ということはなく、実力第一の世界。良いものが売れて使われているので、非常にアクティブなイメージがあります。

当社も負けてられないですね。そのうちもう1段階踏み込んで宣伝等も力を入れたいと思います。

体調崩しました2019年11月08日 20時10分37秒

毎年1年に1回くらい風邪を引くのですが、今年もこの時期、体調を崩しました。
仕方なく病院でまた点滴。
※点滴中。いつもこの時は、なぜか自らの行動を懺悔したくなる。

※たくさんのお薬。種類の数だけ比例して、いつも私はヘコむ。

ついでに血圧とか測られました。


先生いわく、体の割に特に見た目とは違い、超意外に低いなとのこと。
(↑どういう意味やねん!)

このときは咳とかしてはぁはぁしててこのくらいでした。2回目を測ったら146/86でして、翌日3回目を測ったら136/85でした。きっと以前に紹介したアラスカのフィッシュオイル飲んでるからやわ。

血液検査も一応してもらいましたら、意外にも血液もサラサラでした。
同年代の方々、情報ください。
こういう話を聞きたいと思うようになったのは、私も年老いてきたという事かもしれません。

GIS Matilda Mac Edition2019年09月05日 10時57分33秒

MacOSで動作するように GIS Matildaを移植していってます。


※表示データは国土地理院の提供するWMTS(ウェブマップタイルサービス)です。

感想・・・・速いな。
この動画サンプルは、約10年前のiMacで動作中のものですが、Windows版(32bit)の最新のものより体感速度で速く感じます。

Macからなのか、GPUモードで動作させているからなのか、64ビットからなのかわかりませんが、こんなに違うもんなのか。
試しに、iPad等で動作するiOS版(iPadOS版)でも動作確認してみましたら、そこそこのパフォーマンスでした。なんとなく、iPadOSになるとさらにレスポンスが良くなるような気がします。

オンラインの地図なのに、その辺にある下手なGISのローカル環境の地図表示より速いやん・・・と思います。

Mac Edition 64bit版は少しずつ開発中ですのでそのうち公開します。

GIS Matildaの開発でソース行数が100万行を突破2019年08月09日 16時00分16秒

このGIS Matildaの開発を初めてから開発を8年〜10年くらいかと思いますが、ソースコードが100万行を突破しました。お客さんやエンドユーザーの方々からの怒涛の機能実装要望に対応してるとこうなります。

※クリックで拡大

ただ開発を通じて色々と勉強になることも多かったです。
順調に成長しており、引き続き進化中ですので、皆さん是非使ってみてください。業界とこれまでの常識をひっくり返すほどのパワーを兼ね備えていると思っています。