シェープファイル直接作成ツール2019年06月18日 17時17分22秒

MicroStation DGNからワンクリックでシェープファイルを出力するツールを開発しました。


某航測会社は、いまだに、dgnをGeoMediaへ取り込んでそこからエクスポートしてシェープファイルを作成してるらしい。

わりと、そのGeoMediaに取り込むためだけに、要素をノード化しないといけないというとっても効率の悪い作業を下請け会社は作らされています。それは、シェープファイルをまともに作成できる技術が浸透していないからです。

なので、下請け会社のみんな、もっとしっかりして下さい。私たちがデータ作りをもっと迅速に無駄なくやることで、親会社さんはもっと受注と納品、そして営業に専念できます。こんな事では日本は世界の競合と張り合えませんので。

という事で、もっとダイレクトに、もっと迅速に、もっと簡単にのキャッチフレーズを念頭に開発をしてアプリケーション化を実現しました。スピードレスポンスはびっくりするくらいなスーパースピードで変換というイメージではなく、シェープで保存するというレスポンスです。

このツールを含め、当社で公開しているMicroStationツール群は実績と共に今も増え続けています。

これでGIS Matildaとのデータ連携は、よりスムーズになると思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsukasa.asablo.jp/blog/2019/06/18/9088937/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。