中国の万年筆をもらいました2018年10月31日 13時55分52秒

中国の大連からのお客様が来られまして、私が万年筆を使っていたのを知ってたのでプレゼントされました。

※インクとセットで入っており、箱は超高級っぽい。

ドイツやフランスでは小学校の時には鉛筆やシャーペンではなくて、万年筆を使う。
中国でも小学校の高学年では万年筆を使うそうです。

消しゴムで消して正すよりも、加筆するという事なのか。。。と考えると、私はなんとなく、国民性を感じてきて納得しました。

※出して並べてみるとこんな感じ。

色々と理由はあるようですが、昔は外国からの輸入品はとても高価なものだったそうなのでその習慣になったという話も聞きます。

※名前を印字してくれています。

書き味はなんとなくパイロットのカクノのような感じがしました。
ありがとうございます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsukasa.asablo.jp/blog/2018/10/31/8986606/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。