PLYの3次元動画サンプル2017年03月24日 09時24分21秒

米国のIcaros社からサンプルとしてPLYデータを提供してもらったので、Matildaでの3次元ビューイングサンプルビデオを作成しました。

※3次元PLYのフライトビューイングデモ

米国のIcaros社はワシントンDCのすぐ近くに位置しており、彼らの顧客の1つである、Harris Geospatial社(フロリダの最大防衛システム技術開発会社の部門の1つ)で採用されてい技術です。
Icaros社は当社チームをパートナーと呼んでくれています。


この動画のデータはドローン(+LIDAR)で3Dスキャンしたポイントクラウドデータに対して、次のようなタイル画像を貼り付けた状態のものです。


※これが3Dスキャンされた後に作られるポイントクラウドデータに乗っかって表示されてます(クリックで拡大)
この画像を見てわかるように、画像そのものは綺麗にイメージタイル化されています
実際にはもとのポイントクラウドデータの点の量や精度によってこのガタガタがもっと綺麗になります。


また、このビューイング操作は既にAPIが整っており、コーナー(曲がり角)では自動的に減速し、再度直線では加速するなどの視覚効果も出しやすくなっています

次世代エンジンの1つとして、または、その既存のGISエンジンの置き換えとして是非とも採用をご検討ください。
GISマチルダの最新アップデート情報はこちら

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsukasa.asablo.jp/blog/2017/03/24/8418734/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。